Remisawa house #197

宮崎県宮崎市の住宅(リノベーション)

「ここはパン工房ですか?」
「ここは温泉ですか?」
往来する方に時々そう聞かれたりするそうだ。
煙突のようなへんてこりんな突起物があるからだろう。
これは離れである。3帖ほどの小さな小さな離れである。
用途は限定していない。

某有名ハスメーカーの住宅のリノベーションだった。
特殊な構造なのでどこでもここでもは壁を撤去することはできない。
注意しながら丁寧に進めた。
特に3部屋続き間を1部屋のLDKに変えた部分については、一般的な在来工法であれば垂れ壁を撤去しそこには梁が見えてくるのだが、
この住宅はそうではない。垂れ壁は構造体の一部であるので、撤去できない。
できないならば、それを逆手に取ったデザインにすればいい。
これがリノベーションの醍醐味だ。
意図していない要素が空間を特別なものに変える。偶然の出会いみたいなことだ。
偶然だからそこに理由もいらない。

南道路である敷地故に、南に掃き出し窓があるが、庭木がなくなったので視線を遮蔽するものがなくなり中が丸見えだ。
丸見えでもいいよっていう住み手ならばいいけど、それはなかなかない。
なので壁を張り巡らせてコートハウス型にした。
既存の1間間口の掃き出しの引き違いのサッシを、木製の引き込みの型引き窓に変えた。
引き込まれると、室内からはそこには何もなくなる。内と外が一瞬で繋がり一体空間になるのだ。

入居後、コートのデッキ部分にテントを張って家キャンプをよくしていらっしゃる。
白い壁にプロジェクター投影してアウトドアシネマも楽しんでらっしゃる。


Remisawa house
住宅|宮崎県宮崎市
house|Miyazaki-shi,Miyazaki,JAPAN

設計:有限会社COGITE
施工:think builder株式会社
構造:木造
規模:地上1階建て 
敷地面積:217.80m2(65.88坪)
延床面積:87.14m2(26.30坪)
設計期間:2019年9月~2019年12月
施工期間:2020年3月~2020年7月
撮影:COGITE
KK

掲載誌:住まいの設計2021年6月号 住まいの設計2022年4月号 HOUSE RENOVATION STYLE BOOK BEST29


リノベーション前